東京の美容クリニックで埋没法をして二重になりました

一重の目がコンプレックスでアイプチにはまる

私は子どもの頃から目が一重のことを気にしていました。
二重の友達は目がパッチリして可愛いのに、自分は一重のせいで目が小さくてそれがすごくコンプレックスに感じていました。
高校生の頃にはまったのが、目を二重にさせるアイプチです。
整形をしなくても気軽に二重にできるのでとても高校生の頃はとても助かりました。
しかし社会人になるととても忙しくアイプチをするのがだんだん面倒になりました。
アイプチは気軽に行うことができますが、メイクを落としてしまうとまた一重に戻ってしまうので、毎回やらなくてはなりません。
高校生の頃は遅刻してでもアイプチをしていましたが、仕事は遅刻する訳にはいかないので、どうしようか本当に悩みました。

そんなに悩むくらいなら整形をすればと友人によく言われるのですが、自分の顔にメスを入れるのはかなり抵抗があります。
自分の満足いく二重になればいいけど、もし思っていたような二重にならなかったら一生後悔すると思うからです。
そのことを友人に話したら、整形といっても切開法ではなく埋没法ですればいいんじゃないとアドバイスをもらいました。
整形というとメスで切る切開法しか知らなかったので、埋没法というのは新しい発見でした。
埋没法を詳しく調べて見ると、メスを使わずに短時間で二重にできること、髪の毛より細い医療用の糸を使うことなどを知ることができました。

一重の目がコンプレックスでアイプチにはまる埋没法の整形をするべく東京の美容外科クリニックへカウンセリング後に埋没法の施術を受け理想の二重に